英語ホームページ・コンテンツ作成、英語ウェブSEOライティング、コピーライティング、英語翻訳、校正なら

英語Webコンテンツ作成

英語サイトビジターの習性と検索エンジンの動き
 両方を意識したコンテンツ作成

日本人をターゲットとして作成された日本語コンテンツを翻訳してそのまま英語サイトの内容としても英語人にはアピールしないケースがよくあります。

国内向けには大切でも、海外向けにはあまり意味の無いコンテンツは排除して、欧米の潜在顧客が求める情報にフォーカスした英語のコンテンツを組み立てることが重要です。

ビジネス・ウェブサイトは「見る」ものではなく「読む」ものですから、デザインの良さよりもテキストの内容で勝負が決まります。

言語を問わず、ネットユーザーはせっかちですから、求める情報がすぐに見つからないサイトや冗長でわかりにくいウェブ ページからはすぐに出て行ってしまいます。

このようなユーザーの習性を意識した英語のウェブテキストの書き方、さらにSEOの基本を押さえたウェブライティングにはいくつかの重要なルールがあります。

● サイト訪問者を逃がさないために

① K.I.S.S.(Keep It Short and Simple) = 短く簡単に 

② 結論(最も伝えたいこと)を最初に書く

③ 段落ごとにヘッドラインをつける

④ 箇条書きを利用する

⑤ 読み手にアクションを促す(Action Words) 言葉を使う

⑥ ミススペル、文法の間違いは絶対に避ける

● 良い検索ランキングを獲得するために

⑦ 重要なキーワードを含む簡潔で自然な英語テキストを書く

⑧ タイトルタグ<title>、<h1>などには重要なキーワードやキーフレーズを使う

⑨ メタデスクリプション(meta description) にもきちんと対応する

英語というと単純に翻訳会社の仕事と思われがちですが、翻訳文をそのままウェブ用テキストとして使える場合と使えない 場合があります。

サイトの目的やターゲットを理解し、アピール性のある英語コピーを考え、重要なキーワードを適切に使って端的で且つ正確な英語テキストを作成したり、タグ内のテキストまで書くことは翻訳の仕事の範囲を大きく超えるものです。
真に効果的な英語ウェブサイトをお望みなら、Webやサイトユーザーの特性を熟知した専門ライターにぜひお任せください。

Team WEBFORCEは、まずお客様のビジネス内容および英語サイト構築の目的を十分に理解することからスタート、 キーワードや競合サイトの検索ランキングの調査などお客様の英語サイトを取り巻く環境を把握した上で、最適な 英語コンテンツをご提案。ユーザーフレンドリーで且つSEOの基本にそった効果的な英語テキストライティングを 提供します。

新規英語サイトの構築、既存英語サイトのリニューアルをお考えならぜひTeam WEBFORCEにご相談ください。